春の花を訪ねて


去年 風景写真の展示会で見かけた「アケボノツツジ」に魅せられて今年は是非撮りたいと願って居たら写友が行きましょうか? と、誘ってくれたので意気揚々と出掛けて来ました。
林道に車を停めて登山道を少しだけ登らないと撮れないのですが、苦手な山登りも何のその息を弾ませながら登ると優しい色のツツジが待って居ました。
背の高い木なのですが、斜面の下から生えていて丁度花の位置に顔が来ます。
花との間に灌木が入るので場所を選びながらきれいな花を次々と写しながら稜線を進んで行きます。
花は幾らでも咲いて居るのですが、形の良さや撮りやすい場所は人気で先客の撮影終了を待って交代します。
暫く進むと展望台があり、遠くに根子岳を望めます。
涼やかな風に吹かれて、まだ先にも勧めるのですが、十分に堪能したので引き返すことに。
登り始めはキツイ傾斜の登山道ですが、大変な思いをしても又登りたい場所でした。
帰りには近くのお寺に立ち寄って石楠花を撮影、大きなシャクナゲ園がありますが、手入れがイマイチで絵になり難かったです。
このお寺は大枝垂れの桜で有名なのですが、残念なことに散ってしまっていて迫力のある姿は見られませんでした。
最後に高千穂峡で渓谷の滝とボートを撮って本日の撮影は終了です。

翌日はいつもの平尾台へ行き、蕎麦を堪能した後は写友に頼まれていた花を探しました。
紫蘭とオキナグサですが、ナカナカ見つかりません。
あちこちと探し回りヤット見つけると以外にもたくさん咲いて居るモノですね。
オキナグサは花が咲く期間が短いので花が終わって白い髭の状態を撮るなら紫蘭の時期で良いようです。
今回お目当ての花を探すのにシッカリと大地に目を凝らしたので色々な花を見つけましたが、意外と多いのは「破れ傘」でした。
これも独特な形をしていて小さい内はとてもかわいい被写体です。

現在 月末でモバイルルーターの速度制限が掛かって居るのか動きが悪くて写真を載せることが出来ないのですが、その内に事務所に行く用事が出来た時にアップしておきたいと思います。
さて、今日は吉祥寺に藤の花を撮りに行く予定です。
そろそろかな? と、思って居たら写友が早々に載せて居て現在五分咲きだそうですので、混みあわない平日を狙ってのお出掛けです。
本当は早朝や夕方が良いのですが、観光ついでの撮影ですから仕方ないですね。

行って来ました。
途中で写友から「吉祥寺の駐車場に来ている」と、連絡が入り一緒に撮影をすることに・・・
更に古い知り合いにも会って楽しく撮影を進めました。
藤の房は短めですが、色々な見物人が訪れるので被写体には困りません。
暫く撮影を楽しんで他にも藤の綺麗な場所があるとの事でついて行くと宗像の「浄光寺」というお寺でした。
道の駅の近くで何時も通る道ですが、こんなところがあるとは知りませんでした。
あまり知られていないのか見物人が少ないので藤棚の下でノンビリ時間を過ごす人が多く、とても雰囲気の良い写真が撮れます。
二カ所の藤を楽しんだ後は鐘崎の古い漁師町の存在を教えて貰って最後にはTOKIOの撮影で有名になった宮地嶽神社の浜で水遊びをする親子連れを心行くまで撮影して仕上げにしましたが、思わず撮り過ぎて1300枚以上写したためパソコンに書き込むだけでも大変でした。
更にライトルームで現像しようとすると気が遠くなるほどの時間が掛かったので少し反省して居ます。
SONYのα7rⅡは4200万画素を超えているのでどうしてもDATAが大きくなってしまうのです。
今度高速連写に強いα9が出たようなので購入を考えて居ます。


[PR]
名前
URL
削除用パスワード
by mitsuo_hamano | 2017-04-24 09:57 | Comments(0)

写歴の浅いリタイヤ親父が気ままに撮り回った写真を載せています。