院内の鳥居橋

院内に行ったので石橋を撮ってみた。
カメラを始めた頃は夢中になって石橋を撮り回ったものだと昔を懐かしみながら鳥居橋に立ち寄った。
姿は相変わらず昔のままだが、若葉の季節に力強く存在感を増していた。
渓谷を上から撮ったのも初めてかもしれない。
遠くに沈下橋も見え何よりこんなに高かったのかと驚かされた。
撮影を終えて戻ろうとすると一の橋の案内板が見えたので、ついでに回ってみることにした。
途中鏡橋の案内も見えたが橋は上を改修して見えなかった。
院内の橋にはこの手の橋が多い、何しろ現役で使っているので車が通れるよう補強や舗装が必要になるのだろう。
辿り着いてみると一の橋はとても小さかった。
僅か4メートルほどの橋で、渡った先には古めかしい神社があって祠が沢山祭られていた。
森の鎮守さながらの大好きな風景に暫く撮影を楽しんだ。
帰ろうとすると田お越しが終わって水を引いている田んぼにお百姓さんが鍬を肩に歩いていたのですかさずパチリ!
田舎は色んな被写体に出合えるので楽しくて仕方がない。



[PR]
名前
URL
削除用パスワード
by mitsuo_hamano | 2018-05-04 16:31 | 風景 | Comments(0)

写歴の浅いリタイヤ親父が気ままに撮り回った写真を載せています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31