放浪のカメラマン

先日の撮影でまだ房の先まで花が付いていなかったのでソロソロどうかな?
と、思い立って一貫野まで行ってきました。
二時間以上もの時間を費やして行ったのに着いてびっくり既に花は終わり、僅かに色を残す房が幾つかあるだけでした。
裏にでも回ってみようと道を探しましたが、このところの雨で増水していて渡れる場所が無く、撮影を諦めて近くの駅に行ったのですが、時刻表では運よく10分ほどでSLが来る筈なのにSLどころか普通電車も来ませんでした。
ついていないときはこんなものだと思いながらも近くだったので瑠璃光寺へ立ち寄りましたが、やはり思うような被写体に遇えず引き返そうかとも思ったのですが、以前写友が近くで藁ぶきの建物を撮っていたのを思い出し、ナビに入力して貰ったら何と周防大島だと言うではありませんか?
そんなに遠い筈はないと思いながらも周防大島は行ったことが無かったので行ってみることにしましたが、その遠いこと・・・
橋を渡ってやっとの思いで辿り着きましたが、心配した通り全く別の場所でした。
仕方なく、渦潮だけを撮って帰りましたが、付き合ってもらった奥さんからはボロクソに云われるし、ツキの無い時は無理をしない方が良いなとつくづく反省した一日でした。



[PR]
名前
URL
削除用パスワード
by mitsuo_hamano | 2018-05-10 21:57 | 風景 | Comments(0)

写歴の浅いリタイヤ親父が気ままに撮り回った写真を載せています。