人気ブログランキング |

個人宅の菊花展

門司で大豪邸を開放して菊花展をやっていました。
正式には明日からだったようですが、偶々居られたので入れていただきました。
大輪の菊は其れはもう見事の一言です。
10日頃が見事の事ですので是非行ってみられては如何でしょうか?
駐車場はないので向かいのマルショク西門司店を利用してください。




by mitsuo_hamano | 2018-11-04 18:30 | Comments(0)

メタセの小路

曇り空の今日 時々小雨がバラつく天気でしたが、コスモスを求めて求菩提をうろつきました。
予想に反してコスモスは何処にもなく、諦めて帰る途中にメタセに寄りいつもの小路を撮って帰りました。
誰もおらず、紅葉にも早すぎたので、青々した並木道になりました。




by mitsuo_hamano | 2018-10-10 15:17 | Comments(0)

暑さを忘れて阿蘇をうろうろ

暑くて毎日クーラーに浸っている私を心配して写友が撮影に引っ張り出してくれました。
いつ? と、呑気に尋ねると今からだというので起き抜けの頭で急いで用意をして出かけました。
最初の場所はロケハンと云う事で、白石堰と云うシラサギが撮れる場所でしたが暑すぎたのか居たのはアオサギだけでした。
SNSなどでよく見かける堰のシラサギはどうやらここでの撮影のようです。 菊池川の下流近くですね。
続けて向かったのは菊池渓谷 駐車場から延々と歩き、良いリハビリになりました。
機嫌よく写していたら夕立にあい、着ていた上着はビッショリと濡れ、汗だか雨だかわからない状態に・・・
3時間ほど撮って引き上げていると知らないカメラマンに呼び止められて今からがいい時間なのに勿体ないと言われました。
なんでも、彼の経験では8月のこの時期の夕暮れは最高の色を見せてくれるそうで今月一杯はチャンスがあるので又是非にとの事でした。
月末頃に機会があればもう一度行ってみたいものです。
その後は夕焼けの風景を撮ろうと阿蘇付近をウロウロしましたが、大した被写体が見つからず美瑛の風景に似た場所で遊んで過ごしたあと草千里に向かいます。
暗くなるのを待って撮影を始めようとして懐中電灯を忘れたのに気付き、足元の良いところに三脚を据えて手探りでカメラ操作をしましたので、ナカナカ思うように撮れませんでしたが、辛うじて天の川だけは押さえることが出来ました。
到着当時は黒い雲に包まれていたので心配をしたのですが、スグに風に流されてとても綺麗な天の川が空一杯に広がっているのが肉眼でもハッキリわかる美しさでした。
持って行ったカメラに魚眼レンズが無かったので撮れませんでしたが、魚眼なら大きく伸びる天の川も綺麗に写せたのにと残念です。
撮影を終えて夫婦滝に移動して駐車場で仮眠を撮りましたが、眠っている間にたくさんの車が来て目覚めたときは場所取り競争は既に終わってました。
何とか潜り込んで、写してはみましたが、驚くような光芒は出なかったので早目に鍋ケ滝に移動、例によってアルミの柵を乗り越えて侵入し、場所取りに成功しました。
8時頃には最高の光芒に会えるはずでしたが、いつまで経っても出て来ないので滝壺の落ち葉をぐるぐる回して光芒と一緒に撮って今回の撮影ドライブは終了しました。
早目に到着してトイレを利用したかったのですが、9時の開場までは鍵を掛けてあるんですね。
納得がいかなかったので、いつもは引き上げるときに事後払いで払う入場料もパスしてしまいました。
悪戯をする輩がいるからなんでしょうが、開場時間が遅いのですからもう少し利便性に関心を持ってほしいとのささやかな抵抗でした。
帰りもそうでしたが、一夜明けた今日はシッカリ日頃の運動不足を認識させられる筋肉痛で階段の手摺がピカピカになっています。
猛暑でなければ続けて撮影に出かけると運動になるんですがねぇーーー





More
by mitsuo_hamano | 2018-08-08 14:57 | Comments(0)

マクロ撮り2



by mitsuo_hamano | 2018-06-14 19:24 | Comments(2)

秋を見送りに

英彦山周辺の秋です。


by mitsuo_hamano | 2017-11-15 20:09 | Comments(0)

平尾台に紫蘭を求めて

ネットに平尾台の紫蘭が群生して咲くとの書き込みがあり、写友からも場所を確認して欲しいとの依頼を受けて場所も近いので何度も探しに出掛けて見ましたが、時期も早く見つけることが出来ないでいたのです。
いよいよ開花の時期が近付いて場所を知らなくても見つかるだろうと確信もなしに出掛けて見ましたが、平尾台は広く見つけることが出来ませんでした。
平尾台の写真を撮り続けて居る方をご存じと云う友人に聞いて貰ったらおおよその検討は付いたのですが、実際に出掛けて見ると赤い色は何処にもありませんでした。
たまたま草刈りをしていた管理人さんに尋ねると意外と簡単にわかりましたので、早速訪ねてみると咲き始めだったため気付き難かったようですが、小さな花がたくさん咲いて居ました。
近くで見るとその面白さに魅かれいつまでも帰る気になれませんでした。
たぶん一日中居ても飽きることは無さそうです。
現在は咲き始めですから今月一杯は十分に楽しめると思いますからトレッキングを兼ねて出掛けて見られては如何ですか?
場所は資料館から入って茶が床展望所へ向かうと途中に三叉路があり、その手前の右手に木が一本立って居るところがあり、奥はドリーネになっている場所があります。
ドリーネまでの間をシランの谷と呼ぶそうですが、道路の反対側にも花を見ることが出来ます。
更に三叉路の駐車場に車を停めて右手の奥に進めば先程のドリーネの奥に群生した場所を見つけることが出来ます。
少し違えば咲いて居ないドリーネもたくさんありますので根気よく探してみることが大切ですょ!


by mitsuo_hamano | 2017-05-06 19:44 | Comments(0)

春の花を訪ねて


去年 風景写真の展示会で見かけた「アケボノツツジ」に魅せられて今年は是非撮りたいと願って居たら写友が行きましょうか? と、誘ってくれたので意気揚々と出掛けて来ました。
林道に車を停めて登山道を少しだけ登らないと撮れないのですが、苦手な山登りも何のその息を弾ませながら登ると優しい色のツツジが待って居ました。
背の高い木なのですが、斜面の下から生えていて丁度花の位置に顔が来ます。
花との間に灌木が入るので場所を選びながらきれいな花を次々と写しながら稜線を進んで行きます。
花は幾らでも咲いて居るのですが、形の良さや撮りやすい場所は人気で先客の撮影終了を待って交代します。
暫く進むと展望台があり、遠くに根子岳を望めます。
涼やかな風に吹かれて、まだ先にも勧めるのですが、十分に堪能したので引き返すことに。
登り始めはキツイ傾斜の登山道ですが、大変な思いをしても又登りたい場所でした。
帰りには近くのお寺に立ち寄って石楠花を撮影、大きなシャクナゲ園がありますが、手入れがイマイチで絵になり難かったです。
このお寺は大枝垂れの桜で有名なのですが、残念なことに散ってしまっていて迫力のある姿は見られませんでした。
最後に高千穂峡で渓谷の滝とボートを撮って本日の撮影は終了です。

翌日はいつもの平尾台へ行き、蕎麦を堪能した後は写友に頼まれていた花を探しました。
紫蘭とオキナグサですが、ナカナカ見つかりません。
あちこちと探し回りヤット見つけると以外にもたくさん咲いて居るモノですね。
オキナグサは花が咲く期間が短いので花が終わって白い髭の状態を撮るなら紫蘭の時期で良いようです。
今回お目当ての花を探すのにシッカリと大地に目を凝らしたので色々な花を見つけましたが、意外と多いのは「破れ傘」でした。
これも独特な形をしていて小さい内はとてもかわいい被写体です。

現在 月末でモバイルルーターの速度制限が掛かって居るのか動きが悪くて写真を載せることが出来ないのですが、その内に事務所に行く用事が出来た時にアップしておきたいと思います。
さて、今日は吉祥寺に藤の花を撮りに行く予定です。
そろそろかな? と、思って居たら写友が早々に載せて居て現在五分咲きだそうですので、混みあわない平日を狙ってのお出掛けです。
本当は早朝や夕方が良いのですが、観光ついでの撮影ですから仕方ないですね。

行って来ました。
途中で写友から「吉祥寺の駐車場に来ている」と、連絡が入り一緒に撮影をすることに・・・
更に古い知り合いにも会って楽しく撮影を進めました。
藤の房は短めですが、色々な見物人が訪れるので被写体には困りません。
暫く撮影を楽しんで他にも藤の綺麗な場所があるとの事でついて行くと宗像の「浄光寺」というお寺でした。
道の駅の近くで何時も通る道ですが、こんなところがあるとは知りませんでした。
あまり知られていないのか見物人が少ないので藤棚の下でノンビリ時間を過ごす人が多く、とても雰囲気の良い写真が撮れます。
二カ所の藤を楽しんだ後は鐘崎の古い漁師町の存在を教えて貰って最後にはTOKIOの撮影で有名になった宮地嶽神社の浜で水遊びをする親子連れを心行くまで撮影して仕上げにしましたが、思わず撮り過ぎて1300枚以上写したためパソコンに書き込むだけでも大変でした。
更にライトルームで現像しようとすると気が遠くなるほどの時間が掛かったので少し反省して居ます。
SONYのα7rⅡは4200万画素を超えているのでどうしてもDATAが大きくなってしまうのです。
今度高速連写に強いα9が出たようなので購入を考えて居ます。


by mitsuo_hamano | 2017-04-24 09:57 | Comments(0)

今日もプロの写真家について回って面白い被写体を深いイメージで写す技術を教わって来ました。

by mitsuo_hamano | 2017-04-15 20:41 | Comments(0)

岩屋の景色

岩屋の周辺では色々な被写体が面白くなりました。
夕日は特に面白いですね。
鑑賞者にお願いすればポーズを撮ってくれる人も居ますので晴れた日の夕暮れに行って見てください。

by mitsuo_hamano | 2017-03-12 10:54 | Comments(0)

最後の雪


長々書いて居たら飛んでしまったので写真のみお楽しみください。







by mitsuo_hamano | 2017-03-10 13:32 | Comments(0)

写歴の浅いリタイヤ親父が気ままに撮り回った写真を載せています。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31