カテゴリ:風景( 137 )

秋空に誘われて

余りにも天気が良いのでジッとしておれずに近くをフラツイテきました。
ウロウロしていると立派な屋根のお寺が見えたので車を停めようとすると沢山の車が停まっています。
境内に入ると更にビックリ 所狭しと車が無秩序に・・・
どうやらお寺が経営する幼稚園で運動会がやられているようです。
少しだけ色んなところを撮らせてもらって退散しました。
幼稚園児の運動会は可愛いですね。

外に当てもないのでひさしぶりに空港の連絡橋を訪ねました。
祭日とあって家族連れの釣りを楽しむ人で賑わっていましたが、魚は連れている様子はありませんでした。

帰り道 ひさしぶりに工場夜景を撮りたいと三菱マテリアルのロケハンをしてきました。
休日の工場はシーンと静まり返っていて海も穏やかで気持ちの良い風景が待っていました。





[PR]
by mitsuo_hamano | 2018-10-08 15:37 | 風景 | Comments(0)

段々畑に白い花

写友の等覚寺で蕎麦の花が綺麗との情報で出掛けてみました。
我が家からは30分ほどの距離ですが、なかなか覗かない山間の集落です。
狭い道をライトを灯して進むとすぐに蕎麦の花が目につきます。
平日で人が少なかったので落ち着いて色々なアングルで撮ってみました。
冬場に雪が降れば面白い写真が撮れそうです。




[PR]
by mitsuo_hamano | 2018-10-03 13:00 | 風景 | Comments(0)

豊浦を訪ねて

知り合いのカメラマンがとても雰囲気のある写真を撮られていたので豊浦の農業公園を訪ねました。
確かに、ここから撮影したのだろうと言う場所は見つけたのですが、それ以外には絵になる場所を見つけられず数枚撮ってリフレッシュパークに移動したのですが、Facebookに載せるとまだまだ良い場所がたくさんあったというので落ち込んでいます。
いつも色々な所へ行くのですが、絵になるアングルだけはキッチリ抑えていたつもりなので絵心が無くなったのかとガッカリしているのです。
人其々構図などの好みは違いますが、ココは絵になるな! と感じる場所は同じだと思って居たのに・・・ 一からもう一度勉強のやり直しかな?
リフレッシュパークのコスモスは2分咲きでした。




[PR]
by mitsuo_hamano | 2018-10-02 18:48 | 風景 | Comments(0)

行橋の秋景色

アチコチの田んぼで収穫が終わった稲を冬場の牛の飼料として保存する作業が進んでいます。
昔は畳床になっていたようですが、スタイロ畳の出現で需要が無くなり、一時は切り刻んで田んぼに撒いていたのですが、ここ数年ロールにして冬場の食糧として蓄える様になりましたね。
和牛人気の高まりと、稲を食べさせると肉質が良くなるそうで、農家にとっては一石二鳥です。
収穫作業を見ているとまるで北海道にでも行ったかのような機械化農業でとても面白いですょ!
鎌で刈って稲架掛けをしていたのがホンの半世紀前だとは思えない変わりようです。
荘いえば子供の頃は田植えも村中総出で手で植えていましたね。
牛に犂をひかせて田お越しが始まると春を感じたものです。
時々保存されている古い農家を覗くと飾ってある農具の殆どが見覚えのあるものばかりで、近くの農家ではシッカリ使っていたものばかりです。
アッと言う間に農機具が発達して今では田お越しから収穫まで全てが機械化で会社勤めの片手間で出来るのですから驚きます。
山間部の段々畑では機械を持ち込めないので耕作放棄が増えていますが、時代の流れで仕方がないですね。




[PR]
by mitsuo_hamano | 2018-10-01 16:10 | 風景 | Comments(0)

彼岸花との別れ

写友さんの情報で宮若に行ってみました。
駐車場には無事に停まれましたが、振り返って彼岸花を見ると既にかなりの数が終わってました。
マダマダ蕾の花も控えていましたが、蕾の開花を待っても枯れた花が目立ってしまい絵にはなりそうにありません。
必死で枯れた花を避けながら写してみましたが、ナカナカ満足の行く写真は撮れないモノですね。
長い河川敷の端から端まで歩いたのでお腹がすいて良い運動になりました。
食堂を探しながら引き返しましたが、気の利いた店は見つからず結局田川まで戻って最近できたばかりのお好み焼き屋にお試しで覗くことに
期待せずに入ったのですが、なんとこの店○でした。
秘策があるらしく生地がフワフワで少し隠し味の甘みがありました。
そのうえ料金が安い! 「近いしまた来ようね」と女房も大満足の御店でした。
帰り道 撮影が物足りなかったので近くの諌山を覗いて帰ることにしましたが、丁度いい時期で綺麗に咲きそろってました。
既に畦の一部では稲刈りの準備で刈り取られた花もありましたが、何度も通っていますが、ナカナカこの時期に当たったことが無く感動しました。
彼岸花の撮影タイミングは本当に無難しいですからね。




[PR]
by mitsuo_hamano | 2018-09-26 17:08 | 風景 | Comments(0)

地元に咲く彼岸花

天気があがったので地元をウロツイテ彼岸花の撮影スポットを探してみました。
行橋はまだでしたが、南区に出ると満開を迎えた彼岸花が各所で迎えてくれました。
ちょうど稲刈りをしているところもあり、コラボで遊んできました。
ワザワザ遠くまで行かなくても結構いいところに住んでいるのだと再確認した一日でした。




[PR]
by mitsuo_hamano | 2018-09-18 19:58 | 風景 | Comments(2)

等覚寺に秋を探して

写友の写真につられて等覚寺地区を訪ねてみました。
行橋と小倉南区に挟まれた苅田の外れに当たる地区ですが、山伏の由来が強く残る地区で今でも伝統的な行事が残っています。
等覚寺グループの看板を左折して幾重にも曲がる山道を平尾台の方向へ進むと棚田の風景が出てきますが、麓近くは耕作放棄が酷く、荒れ果てた状態になっています。
グニャグニャと曲がりながら頂上を目指すと整備された棚田の先に味噌販売の店があります。
更に進むと道が左右に分かれ、右に行くと平尾台の裏に行けるのですが、水害の為かバリケードで道が閉鎖されていました。
左に行くと小学校の跡地が原っぱになっていて駐車場として使われています。
更にクルマを進めると道を下った先の左手に等覚寺の入り口階段があります。
昔は神仏一体だったため石段の手前には鳥居があり、荘厳な空気が漂います。
道はまだ続いていましたが、最後は獣道になりそうだったので手前で引き返しましたが、今度暇なときに冒険してみようかな? と、思わせる道でした。
等覚寺の石段も登ってみたかったのですが、一人ではなかったので泣く泣く諦めました。
山伏と云えば権現づくりの社ですから嘸かし見るものが多かったろうと悔やまれてなりません。
次回の訪問が楽しみですね。




[PR]
by mitsuo_hamano | 2018-09-10 17:14 | 風景 | Comments(0)

秋の景色

彼岸花を探して小倉の南区をウロツイテきました。
井手浦から合馬に回り、春吉を過ぎて頂吉まで行きましたが、彼岸花の姿はありませんでした。
お彼岸が近付くとイッキに咲き始めるのでしょうね。
井手浦では稲刈りが始まっており、稲刈りの済んだ田んぼにシラサギが飛んでいました。
合馬では稲架掛けの風景、そして春吉では石橋を撮ってきました。
北九州も南区には長閑な景色が残ってますね。




[PR]
by mitsuo_hamano | 2018-09-09 15:54 | 風景 | Comments(0)

あまりの暑さに出て回るのが億劫になり、毎日冷房の効いた部屋でテレビの番をしていましたが、何かしなければボケてしまうと思い立ち、前々から課題だった壁の空間を自分の写真で埋める作業に着手しました。
あまりの暑さに一面だけでギブアップしてしまいましたが、飾ってみると結構捨てたもんでもありませんでしたが、使い回しの藁葺の住宅には夏が無いのに気付きましたので好機とばかりに撮りに行ってきました。
ついでに大任で向日葵を撮り、目的の被写体を撮影後は朝倉に回ってみました。
小石原でも寄り道をして行者杉に御挨拶、塔の下を通って朝倉に抜けると目を疑うような被害の惨状でした。
川沿いにあった筈の家は全く姿が無く、川幅が数倍にも広がってしまっていました。
流されずに残った家も殆ど屋根が見えているだけでスッポリ泥に埋まってました。
山もいたるところが崩れ落ちて谷合は川に代わってました。
復旧の工事車両に混じって何とか抜け出し、川沿いに走ると何とか物産館には辿り着きましたが、悲惨な状況が頭から離れず何か少しでもお手伝いになればと食事で協力したつもりになり水車に向かいました。
災害時には取り外されていたためか元気に回って仕事をしているのを見て少しだけホット息をつきましたが、道の駅の観光用の水車は見事に壊れてしまってました。
同じ道を引き返したのですが、川崎にもヒマワリ畑があると聞いていたので回ってみましたが、流石に見つけることは出来ませんでした。
去年は写友の車で行ったので全く記憶になかったのです。
行けばわかるだろうなんて安易な気持ちは通用しませんね。




[PR]
by mitsuo_hamano | 2018-07-18 23:45 | 風景 | Comments(1)

暑い日のロケハン

台風が去ったのでサボっていたために床下浸水をしそうになった排水桝をお掃除しましたが、呆気なく片付いたので気に成っていたロケハンに出掛けました。
本当は昨日 朝倉に行きたかったのですが、途中の道が被害を受けているだろうからと強く止められたので止む無く中止して買い物にお付き合いしたので何処かに出掛けたくて仕方なかったので以前から気に成っていた志賀島に行ってみました。
途中 九大の森を通りかかったので寄り道をして重たいバックを背中に背負って現場まで足のトレーニングを兼ねて・・・
立ち入り禁止になっていると聞いていましたが、チャンと撮影できるようなロープの張り方がされていて何の苦も無く写せました。
到着時は誰もいなかったのですが、暫くすると結構な数のカメラマンがやって来たので、蚊の襲来もあり早々に場所を譲って志賀島を目指します。
カーナビの指示通りに行ったのですが、結構間違えながらヤットの思いで辿り着きましたが、埠頭あたりは結構入り組んでますね。
前に行ったときには写友の車に同乗していたし、真夜中だったので明るい時に来たのは初めてでした。
福岡もこの辺は結構海を楽しめる場所なんだな・・・ と、独り言を言いながら目的の場所で確認をして折角だからと先端まで行ってみましたが、色々な海岸の風景が楽しめる場所だと再認識しました。
帰りも解り辛いのかな? と、覚悟していたのですが、ナント帰りは渋滞はあるもののスムーズに帰り着き驚きました。
それにしても福岡博多方面は車で行くところじゃないですね。




[PR]
by mitsuo_hamano | 2018-07-10 00:20 | 風景 | Comments(2)

写歴の浅いリタイヤ親父が気ままに撮り回った写真を載せています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31