<   2016年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

被写体を求めて

台風一過の晴天に誘われて撮影に出掛けて来ました。
目的も決めずに車に乗り込み さて、何処に行こうかと考えた挙句近くでダムの工事が進んでいるのを思い出して久しぶりに行ってみました。
行橋市の慢性的な水不足を解消するために犀川の山奥に数年前から進んでいる工事ですが、完成に近いところまで進んで居て前回は通れた水に沈む予定の地域には入れなくなって居て代わりに山の高いところを通る道路が出来て居て見学用の展望所も用意されて居ました。
生憎小雨が降り始めたのですが、折角来たので濡れ乍ら急いで撮影を済ませましたが、このダムに沈む人達はどんな心境だろうと深い感慨を覚え湖底に沈む予定の小学校を尋ねると既に解体されて更地に成ってしまってました。
自分の済む地域のために犠牲になった人達の痕跡を記録に残そうと、ウロウロしてみましたが他の建物は既に高台に移転して居て撮ることが出来ませんでした。
この一帯には懐かしい原風景が溢れて居て素晴らしい被写体が水没してしまうのは残念ですが、水資源確保のためなら仕方ないですね。
先祖代々から守り抜いて来た土地をダム建設のために手放してくれた方々のお気持ちを大切にしたいものです。
その後も被写体を求めて英彦山の野峠を越え山国川に降りて行ったのですが、何度も通って居るためか特別撮りたくなるような被写体に出会えなかったので、猿飛甌穴の手前で山を目指したのですが、「自己責任で」と、書かれた林道をビクビクし乍ら彷徨ったというのに抜けてみると山道に向けて舵を切った林道の入り口で孫悟空が仏様の掌で大暴れをしたつもりになって居た情景が思い出され一人で笑って仕舞いました。
その後も大した被写体には巡り合えませんでしたが、自分の感性で被写体探しをするのは楽しいものですね。
今日の撮影ドライブで好きだと感じて写した写真をココに載せて居ます。
撮影データはコチラで確認できます。
お暇なときに冷やかし半分覗いてみてください。


[PR]
by mitsuo_hamano | 2016-08-30 21:59 | 風景 | Comments(2)

現像の見直し

台風の影響でひさしぶりに天気がグズついて居たので朝からお休みして以前の写真を引っ張り出して現像をやり直してみました。
自宅にはDATAを大量に保存する設備が無いので去年までのDATAがありませんから数日前の写真から手を付けて見ましたが、本来は記憶が薄れたほどの時間が経ったものの方が新しい発見がたくさん出て来ます。
今日は数日前の写真ですが、それでも写した時の興奮が少し収まってきたせいか、写真から受けるイメージで現像が出来たような気がします。
それに伴いタイトルもイメージに従って付け直してみましたが、如何でしょうか?
次回は冬場の写真でも見直してみたいと思って居ます。
今はまだ暑さが残りますが、もう少しすると短い秋が過ぎて長い冬が待って居ますからね。
再現像の写真はコチラで御覧ください。


[PR]
by mitsuo_hamano | 2016-08-29 16:14 | 風景 | Comments(0)

日田の夏景色

いつもは一日おきに出掛ける撮影ですが、今年ばかりはいつまでも治まらない暑さに出掛ける気になれず引きこもり生活を続けて居たのですが、特大の台風が影響を出しそうなのに飲料水として使って居る日田天領水のストックが底をつきそうだったので元気の駅まで出掛けて来ました。
数年通って居る元気の駅ですが、最近はメッキリ元気がなく、行く度に御客が少なくなって居るのを感じます。
地震の影響だと云って居ましたが、そればかりが原因なのかな???
恒久的な不景気感が実感として社会に蔓延して居るような気がするのですが、政府は気が付いて居るのかいないのか被災地の復興もままなら無いというのにオリンピックに現を抜かすとは・・・
と、私が気をもんでも仕方がないので写真でも撮って楽しむ事にしましょう。
日田の川ではアユ釣りを楽しむ人 元気の駅に保存して居る寝台急行では小さな子供を連れて来て遊ばせる姿 そして小鹿焼き近くの川では川遊びで楽しむ人達をカメラに収めて来ました。
何処も残り少ない夏休みを精一杯楽しもうとする人で溢れて居てココでもやはり不景気を感じて帰りました。
大した写真は撮れませんでしたが、コチラに載せておきますのでお時間のあるときに覗いてみてください。


[PR]
by mitsuo_hamano | 2016-08-27 22:47 | 風景 | Comments(0)

再現像

いつもなら暑さも忘れて撮影に行くのですが、今週は友人からの声も掛からず自分で近場をウロつく気にもなれず先週の写真を再現像してみました。
本来はもっと時間が経過したdataを見直すと良いのでしょうが、手抜きでまだ記憶に新しい写真の再現像です。
写真は撮影直後には撮影時の興奮が冷めやらず偏った選択になるので少し時間を置いてから見直すと撮影直後には見落として居た新しい写真を発見することが良くあります。
そればかりではなく、現像ソフトは日々進化を遂げているので最新のソフトで現像をすることも新しい発見に繋がることが良くあります。
それには撮影時にRAWでも撮って置くことが重要で、JPEGだけで撮影すると悔しい思いをすることになります。
私は昨年ケント白石氏からライトルームの使用を勧められて以来それまで使って居たNikonから無料で配布されて居るソフトから移行してしまいました。
最近では色々なプラグインも組み込んで殆どコレだけで殆どの編集作業が終わるまでになりました。
必要があればライトルームの作業中に他のソフトに渡すことも出来、ライトルームにない機能をこなすことも簡単に出来てしまいます。
安易にレタッチをやり過ぎると現実味の無い作品に成ってしまうため写歴の長い方から批判を受けることが多く、特にフィルム写真での撮影を続けて来た方には受け入れないことが多いようです。
私個人としてはどんな作品も作者が表現しようとしている方法が異なるだけで表現が伝われば方法は問う必要はないと考えて居るのですが、日本のフォトコンテストなどではレタッチに否定的な意見を持つ審査員が大勢を占めているので理解を得るのは難しいだろうと理解して居ます。
その事実を嫌うからではありませんが、私の場合は出来るだけ後で触らなくて済むようにカメラ設定をして撮影をするようにして居るのですが、まだまだカメラの完成度は低く撮ったままで表現したかったモノのすべてを表現するのは難しいので現像作業で強調するようにして居ます。
このブログを御覧になった方々はどのような考えをお持ちなのか、とても興味がありますのでメッセージを戴けるとさいわいです。
再現像で拾い出した写真はコチラです。

[PR]
by mitsuo_hamano | 2016-08-25 00:44 | 古民家 | Comments(2)

初めてのセミヌード

お盆も過ぎたというのに蒸し風呂のような暑い日に知り合いに誘われて旧松喜醤油屋でのモデル撮影に出掛けて来ました。
素人モデルさんですが、声を掛けてくれた友人とは知り合いとの事で、貸し切り状態でもありポーズの要求に気軽に答えてくれて初めてのセミヌードの撮影に挑戦できました。
こんなことならポートレートに強いDCレンズを持ってくるんだったと反省しきりです。
暑い中勝手なポーズの要求に応えてくれたモデルさんに感謝です。
稚拙な写真ですが、ココに載せて居ます。



今までの写真や撮影DATAはコチラで御覧いただけます。



[PR]
by mitsuo_hamano | 2016-08-21 17:37 | Comments(2)

月明かりの薩摩富士

姫島の炎天下の撮影が済んでホッとして居ると相棒から電話が入って明日鹿児島での撮影に誘われたので一緒にどうですか? と、誘われました。
撮影対象も理解しないまま参加を表明したのですが、どうせ機材はいつも通りの大三元なのでバックに詰めて出掛けました。
行きの車中で今回の撮影目的を尋ねると月明かりでの開聞岳の撮影だそうで、明るいうちに番所鼻と薩摩長崎鼻からの開聞岳を確認しておき夜を待つという作戦だそうです。
暗くなるまで夕暮れの撮影や腹ごしらえの準備を済ませて、いざ撮影地に向かうと用意して居たヘッドライトが点灯しません。
どうやら保管して居る間にスイッチが入って電池が消耗してしまって居たようで、使い物になりませんが、さいわい月明かりが明るく用心して歩けば何とか足元の安全を確保できそうです。
満潮の時期には海水に隠れてしまう滑りやすい沖への道ですが、夜釣りをやっていた経験を生かして這うように沖の磯へ移動して月夜の撮影を楽しみました。
デジタルカメラなので暗い場所での撮影は楽ですね。
フィルムカメラでの撮影で苦しむ方を横目に色々な撮影を済ませて一足先に車に戻ると満ちて来た潮に終われるように仲間も引き揚げて来ました。
場所を薩摩長崎鼻に写し、夜明けまで粘るそうなので適当に撮影を済ませてベンチで横になると空には満天の星が輝いて居ました。
再び起こされたときには空は既に明るくなりかけて居ましたが、仲間は一睡もせずに撮影を繰り返していたようです。
昼間は目ぼしい撮影が出来ないので食事や休憩のできる温泉で過ごし、陽が傾いたところで再び出動です。
本来はもう一度開聞岳の撮影に挑む予定でしたが、仲間の提案で新しい撮影地を探すことに・・・
地元の観光協会の情報で枕崎近くの景勝地に向かいましたが、ソコからが大変でした。
鹿児島はまだ高速網が充実して居ないので工事中の道路を少し走っては一般道を走るの繰り返しでナカナカ前に進みません。
9時に市内で食事を済ませたのに、久留米の相棒の自宅に辿り着いたのは3時になろうとする時間でした。
そのため自宅に帰り着いたのは4時を過ぎて居ましたが、撮影したdataが気に成って結局明るくなるまでPCと遊んでました。
たくさんのDATAから選び出したのはコレだけでしたが、撮影に行く度にイメージとは違う写真が撮れてしまう自分が情けなくて益々落ち込んでしまいます。
今回は手入れの不味さからか接点不良などの色々な問題が発生して反省点の多い撮影でした。



[PR]
by mitsuo_hamano | 2016-08-18 15:47 | Comments(0)

お盆も撮影三昧

世の中はお盆休みでしたが、写真倶楽部の会長さんのお誘いで岩屋海岸で夕景の撮影に行きました。
いつもはたくさんの海水浴をする家族で賑わうビーチですが、人出は少なく静かな夕暮れでした。
静かに暮れる夕陽を写して遠くから来た会員さんの歓迎会を兼ねた食事会で大盛り上がり、その場の勢いで翌日の姫島撮影にも参加することに。
国東半島の昭和の町で合流する約束で別れましたが、本当の目的は姫島で毎年行われている少し変わった盆踊りの撮影でしたからノンビリ出掛けてフェリーに乗る予定だったのですが、岩屋まで行くのに2時間も掛かったことを考えて早目に出掛けたところ不思議と道路ががら空きでスムーズに走れたために昭和の町でノンビリ撮影をして居た仲間と合流してしまいました。
その後は真玉で潮が引き始めた砂浜で遊ぶ家族を撮影して、その先の2年前に出来たというブジェクタースタジオを見学、壁一面に写し出された花の映像の中ではしゃぐ見学者を撮影して楽しみました。
お盆の間は車を載せられないので、臨時に用意されたフェリー乗り場の駐車場に車を置いて荷物を抱えて乗るのが此処のルールなので指定された帰りの便付きの切符を買って乗り込むと後は帰りの便に乗り込んで引き揚げ船の雰囲気を味わいながら帰るだけです。
早目に島に渡るには理由があって、お昼から公民館で始まる子供達を化粧する様子の撮影と、キツネの衣装に着替えた子供達の撮影をするのが目的なのです。
元々国東生まれの指導者は写真を始めた数十年も前から此の島に通って居て島の住人とは顔見知りのため親御さんにお願いすれば気軽に子供達の撮影を許してもらえるのです。
時には少しの間子供達を預かって雰囲気の良いところでポーズを撮って貰うことも可能ですから色々な撮影が出来る訳です。
そんな顔の広い代表者に着いて回れる機会を貰ったのですから暑さを押して出掛けるのも理解できると思います。
とても頑張って居る姫島村ですが、年々踊りに参加できる子供達の数が減り、参加できなくなる集落も出てきそうだとの事でした。
少子化は何処も深刻な問題ですね。
写真はコチラでお楽しみください。


[PR]
by mitsuo_hamano | 2016-08-15 14:22 | 風景 | Comments(1)

旧松喜醤油を再訪問

いつも一緒に撮影に出掛けて居る相棒のリクエストで旧松喜醤油屋の撮影に出掛けました。
駐車場で開場時間を待って居ると何やら見たことのある人がウロついて居ます。
まさかとは思いながら確かめてみるとFBでお世話に成って居る方の会員で、時々撮影現場で一緒になる方でした。
しかも今日は浴衣の美人を連れて居ましたので、お願いして撮影させていただきました。
この会員さんの写真は時々見掛けるのですが、いつも鋭く表現力の強い作品ばかりで私など足元にも及ばないのに快くお許しいただけて楽しい撮影になりましたが、なにしろ暑い一日で相棒も後に用事を控えて居ましたので一時間ほど撮って早々に引き上げてしまいました。
浴衣美人の撮影と言う幸運に遭遇するとは想像も出来ず、50mmの単焦点しか着けて居なかったので変化の無い写真ばかりで残念でした。
夏場は特に楽をしようと最小限のレンズで出掛けるので失敗が多いですね。
もうすぐ姫島の盆踊りですが、どうするかなぁーーー





d0347432_15213416.jpg

[PR]
by mitsuo_hamano | 2016-08-06 15:23 | 古民家 | Comments(2)

滝を巡る

暑さを吹き飛ばそうと早朝から熊本の滝を回って来ました。
開園前でしたが、鍋が滝で光芒を撮り、その後はヒゴタイ公園近くの水源に行きましたが、撮るものもなかったのでそのまま白水ダムまで足を延ばしました。
その後近くの白水の滝に回ると山登りで体力の限界を感じ終了となりました。
茶店で食べた豊後牛の定食は値段も安く最高でした。
鍋が滝や白水の滝で売られて居た野菜の安いこと・・・ 殆どの品が100円 友人は両手いっぱいに買いこんで500円だと喜んでました。
帰り道はカーナビが道路被害を理解して居なく、阿蘇山から抜け出せなくて大変でしたが、早く普通に通り抜けられる地図の発表が望まれるところです。
写真はコチラを覗いてください。
https://goo.gl/photos/e1s7YBfNrjy3wKT5A



[PR]
by mitsuo_hamano | 2016-08-05 14:33 | Comments(4)

命を繋ぐ

知り合いのブログにアオバズクの子育ての様子が載って居て、自宅近くだったので昨日の日曜日に出掛けてみましたが、生憎ほおずき市で賑わって居て駐車スペースが見つからず今朝になって出直して来ました。
本殿から離れた場所なのでまさか三脚禁止だとは思わず重たいヨンニッパを抱えて行きましたが、三脚のセットが終わった時期に先に来られていたカメラマンから禁止の現実が知らされました。
どうやら安産祈願の神が近くに祭られて居て女性の参拝者が多く、三脚が邪魔https://goo.gl/photos/kGegDFFX1xrKs5vg6になるのだそうです。
忠告を受け使わないまま三脚を収納しましたが、手持ちでヨンニッパを使うのは大変な体力を要します。
いつもはオートフォーカスだけに頼らずピントリングを回して正確な合焦を心掛けているのですが、左手はレンズの重さを支えるのが精一杯でとてもリングを回す余裕はありませんでした。
雛は葉や枝の後ろに止まっているのでオートフォーカスが狙ったところに合ってくれませんが、コレも練習と受け止めて撮影を続け仕舞にはテレコンまで取り付けて頑張ってみました。
結果はヤハリそれなりでしたが、良い勉強にはなりましたし、何より時々は持ち出して使ってやら無くてはと反省した朝でした。

画像はコチラで確認できます。
https://goo.gl/photos/kGegDFFX1xrKs5vg6







[PR]
by mitsuo_hamano | 2016-08-01 10:53 | 生き物 | Comments(2)

写歴の浅いリタイヤ親父が気ままに撮り回った写真を載せています。