宮原のコスモス

去年紹介した宮原のコスモスですが、今年は植えて居ないと思って居ましたが再確認に行くと場所を変えて変わらない広さで咲いて居ました。
丁度今が見頃のようですのでお近くの方、また29日に小石原の撮影を予定して居る方は寄ってみられては如何でしょうか?
遠賀川のコスモスも見頃を迎えて居ますが、コチラもナカナカですので是非覗いてみてください。
場所は採銅所駅と河原の中間で宮原(みやばる)の交差点を右折して川の脇を少し戻ったあたりです。
川を挟んで左右に咲いて居て少し解り難いですが、香春の共同作業所付近を探してみてください。
こんな感じでたくさん咲いて居ます。



[PR]
by mitsuo_hamano | 2016-10-25 20:45 | | Comments(0)

伊勢神宮を詣でる

数年前から行きたいねと、計画しながらも式年遷宮や御蔭年 サミットと実施の機会を失っていた伊勢神宮への参拝をヤットの思いで実施できました。
神宮への参拝だけでは勿体無い気がして三重県と和歌山県の名所も少しだけ巡ろうと計画し、往復をフェリーで過ごすことにして少しでも楽をして手抜きをしようとの姑息な計画を立てました。
旅行社の窓口に出かけて並ぶのも面倒なのでネットで予約を済ませたのが失敗でした。
高齢者の旅行なので費用よりも満足度の高い宿をと、お願いしたのですが最初の日を覗いてドンドンと質が落ち最終日には修学旅行で行くような安宿に4人も押し込められてしまいました。
部屋はいくらでも空いているようだったので交渉してもう一部屋用意してもらいましたが、こちらの意向は通っておらず「旅行社」が年間契約している部屋を向こうの都合であてがって来ただけの安易なやり方だったようです。
そもそもネットで注文した時には「赤い風船」の名前は一切出ていなかったのに送られてきたクーポンにはすべて赤い風船と書かれていましたから単にネットで受けた注文を赤い風船に再発注しただけの安易な営業をしているようです。
その為かフェリーと神宮のガイドは自分で手配をするという面倒な作業が増えて結果として面倒でも窓口で並んで意向をしっかり伝えてその場で手配を済ませた方が安全で安心という良い勉強になりました。
旅館は失敗でしたが、旅行そのものは大変満足のいくもので、同行した兄夫婦にも喜んでもらえた満足のいく内容でした。
特に神宮のガイドは詳しい人に当たり、予定の90分を遥かに超える倍以上もの時間をかけて詳しく解説してもらったおかげで神話と天皇家の結びつきまで理解できこの旅の一番の収穫となりました。
途中一日だけ我が儘をして別行動で熊野古道を撮り歩いてみましたが、写真を撮りながらノンビリと歩いたとはいえ平均2.5時間のコースを歩くのに5時間以上も掛かってしまい帰り着いた今頃疲れからか風邪気味で寝込んでしまいました。
日頃の運動不足が露呈した訳で情けない限りです。
観光が目的の旅行だったため作品になるような写真は少ないのですが、少しだけ載せておきます。
殆どFacebookに載せたものと同じで申し訳ありませんが目新しいものがあればお楽しみください。




[PR]
by mitsuo_hamano | 2016-10-25 13:31 | 旅行 | Comments(0)

慣れないことは・・・

明日から一週間ほど旅に出ます。
行き先は伊勢神宮への参拝ですが、ついでに熊野古道を撮影したいと計画を立てたのです。
夏に下調べに行った時に古道の石段が結構手強いと感じて居たので体力を付けておこうと思い立ち日頃の運動不足の解消も兼ねて購入したままになって居た電動自転車を引っ張り出して乗り始めたのですが、二日目に大きなトラブルに見舞われてしまいました。
サイクリングの途中で見つけたこの時期には珍しい桜の開花を写そうと行き過ぎてしまった自転車をユーターンさせようとして田圃にトラクターを降ろすスロープの脇で転倒してしまったために土手を転げ落ちてしまいました。
左の半身を強く打ち付けてしまい歩くのもままなら無いくらい筋肉が痛みます。
熊野古道の散策どころか旅行自体も取りやめにしなければなら無いのか・・・ と、落ち込みましたが、さいわい骨には異常がなかったので三日目の今日はナントカ動き回れています。
普段は肉体の衰えを感じる毎日で自信を失くして居たのですが、今回の事でマダマダ自分には回復力があると気付かされ嬉しくなりました。
足を引きずりながらも何とか回復しようとリハビリのつもりで撮り回った写真がたくさんあるのですが、通信環境が悪く載せることが出来ないので残念です。
旅行から帰ったら三重や和歌山の写真と一緒に載せますのでどうぞ御期待ください。
それにしてもwifiの10G契約は写真を扱う環境ではアッと言う間に不足するものですね。


[PR]
by mitsuo_hamano | 2016-10-16 09:57 | Comments(0)

秋を探してウロウロと

ズット気になっていた東峰村のアーチ橋にコスモスのコラボで撮りたいと開花状況を確認に行ってみました。
途中色々な秋景色を楽しみながらフラリとローカル駅も覗きながらの気ままな一人撮影会です。
宝珠山駅は知っていましたが、手前の大行司駅は初めてでホームの無い駅は初めて見ました。
ホームはと云うと駅の裏手に真っすぐ伸びた山へ通じる階段を上ったところのようです。
途中まで登ると眼下に懐かしい建物が飛び込んできます。
木造の校舎で使っている様子はなかったので廃校になったのか???
下に降りて確認に行くと宝珠山小学校と書いた校門がありました。
運動場にも草が生えていたので廃校になったようですね。
珍しいモノを目にして機嫌良く引き返していたのですが、途中の小石原で民党祭をやっていたらしく狭い山道で一時間も渋滞に巻き込まれてしまいました。
やっとの思いで抜け出していつもの藁葺き民家を尋ねましたが、生憎夕餉の煙はありませんでした。
今年はススキも傷んでいるので遠くから手持ちで数枚撮りましたが、作品にできるモノは撮れませんでした。
諦めきれずに英彦山に登り、薄野原を確認することにして朝から持ち回っていた三脚と交換レンズの出番がヤット巡って来ました。
駐車場からは少し歩かなければならない時になって出番が来るとは皮肉なものです。
周囲を撮影しながら急な下り坂を進むとキャンプ場があり、この左奥が撮影地です。
昔はゲレンデになっていたスキー場の跡地だそうで、山一杯に広がったススキの穂が真っ白に迎えてくれました。
機嫌よく撮影を続けていると何処からか車が来ています。
どうやら足の悪い高齢者に見せるために入り口のゲートを開けて入った車のようです。
帰りの登り坂を考えて私も車を持ち込めばよかったなぁーーー なんて考えながら写していたら欲が出て夕焼けで色が変わるまで撮ろうと思い立ち5時間近くも粘って写していると近くで鹿の声がして振り向くと十数メートルの距離に二匹の小鹿を連れた家族が近寄っていました。
望遠を付けていなかったのですが、取り換える余裕もなく咄嗟に数枚写しましたが、小さい上に暗くて絵になりません。
早く帰ってくれと云いに来たのかな? と、思い早々に片づけをして鹿の進んだ道を辿ると遠くで確認をするように此方を見ています。
もう会えないだろうと望遠に変えていなかったことを悔やみながら駐車場に向かうと其処には十数頭の集団が居て一匹の鳴き声を合図に一斉に森の中に消えて行きました。
英彦山に来るたびに鹿にはよく遇うのですが、こんな大集団に遭遇したのは初めてで、ニュースで聞く鹿の被害に納得した一日でした。
ブラブラ撮影した写真はコチラです。


[PR]
by mitsuo_hamano | 2016-10-11 11:26 | 風景 | Comments(2)

いつもの秋

写真仲間の情報で三光村を訪ねてみました。
去年は段々畑の方でしたが、今年は平坦な畑で咲いて居たので少し立体性に欠けましたが、いつも通りの綺麗な花が迎えてくれました。
たまたまですが、今日からがコスモス祭りだそうで、まだ蕾も多いのですが今月一杯のお祭り期間を楽しませてくれることでしょう。
少し手前の「しんよしとみ」の道の駅にもコスモスが咲いて居り少し覗きましたが、規模が小さいうえに雑草が多く、多いのは車と見物人ばかりでカメラを出す気になれず通過してしまいました。
今からはススキも色付き面白い写真が撮れそうですね。
今日は平尾台にも登りましたが、ススキの白野原に包まれるには少し早かったようです。
三光村の写真は
でお楽しみください。

[PR]
by mitsuo_hamano | 2016-10-09 19:47 | 風景 | Comments(1)

秋が始まる

いつも一緒に行動する友人の自宅を尋ねる途中「内野宿」の看板を目にすることが多く、古い建物が好きな私としてはとても気に成って居たので今日は思い切って寄ってみました。
資料がとても良く残って居るようで、建物跡を示す立て看板はあるものの肝心な建物自体は立て替えられて居たり、空き地に成って居たりと期待を裏切られてしまいました。
資料館でもらったパンフレットを見ると石畳の道や大イチョウなどは残されて居るようなので秋が深まったところでもう一度訪ねてみたい場所でした。
諦めきれずに冷や水峠に回ると、いつも通れていた道はトンネルが無料化されたために工事をして居て全面通行止めの上にう回路も示されて居なかったので適当に進んで居たら迷子になってしまいました。
目的もなく、ふらふらドライブするのが好きですが、こうなっては仕方ない・・・ と、友人の家を目的地に入れようとしてキリンビアファームの事を思い出しました。
そろそろコスモスが咲き始めて居るのではないかと覗いてみましたが、ほんの少しだけ花を着けて居るものがあるだけで蕾のオンパレードでした。
それでも見物人の数は半端なく、人物を入れての撮影には事欠きませんので暫く撮影を楽しんで友人宅に向かいました。
少し休憩を取った後、糸島の高台から波の様子を撮りに行こうと出掛けました。
いつも行く火山のパラグライダーの飛び出しステージはテレビで取り上げられたためか結構な見物人でした。
ステージで事故があったらしく今は使われて居ないので荒れ果てて居て床も所々穴が開いて居るのですが、元気の余った子供達は立ち入り禁止の札を無視して出て行きます。
何度か注意をしましたが、驚いたのは傍に居た子供の親とお婆ちゃんで、そんな子供達に声を掛けることもしなかった事です。
危険予知能力が備わって居ないのでしょうが、穴から落ちれば間違いなく即死なのにねぇーーー 注意する私の方を見て「うるさいオヤジ」って顔をしたのにも驚きました。
私としては落ちる瞬間をスクープした方が面白かったんですけどね・・・
暗くなるまで撮って帰りましたが、pmが台風で飛ばされておらず、期待した色にはなりませんでしたが、面白い撮影は出来ました。
カナリ距離があるので丁度いいと思って400mmを持って行ったのですが、少し長すぎたようでした。

に写真を載せて居ます。

[PR]
by mitsuo_hamano | 2016-10-07 10:20 | 風景 | Comments(2)

台風が反れましたね。

昨日の崎山は災害を免れたと思いますので土・日のお祭りは予定通り行けそうですね。
最終日の日曜はヒマワリの花を刈り取って持ち帰られると聞いて居ます。
台風一過で晴天も期待できそうですからお出掛けになってみては如何でしょうか?
無料のシャトルバスも用意されて居るようです。
近くには何もないところなので長時間の滞在を考えて居られるなら弁当の用意が必要です。
もう少し行くと「げんじいの村」温泉施設もありますからノンビリして来られるのも良いかもしれません。

[PR]
by mitsuo_hamano | 2016-10-05 14:56 | Comments(1)

地元のヒマワリ

写真倶楽部の仲間から崎山のヒマワリ情報を聞いたので早速出掛けてみました。
今川上流の崎山は数日前に通った時に確認したのですが、苗の姿も見えなかったのにヒマワリの成長は早いようです。
大型の台風が近付いて居るようなので慌てて行ってみたのですが、流石に平日とあって車をユックリ停められました。
代わりに若い娘を入れた写真を撮りたかったのに年配の人ばかり・・・
仕方なく撮影を始めて居ると頭の後ろで電車の音がしたので慌てて構図の予測をして待って居るとちくまる君がやって来ました。
一瞬の出来事でしたが、ヒマワリを入れて撮れたので満足して居ます。
ココのヒマワリは他では見られなくなった少し高目のヒマワリでとても絵になります。
空が晴れて居たらもっと絵になるのですが、時々雨がチラつく曇り空 そそくさと撮影を済ませて帰りましたが、もう少しノンビリ撮りたかったですね。
帰り道では春先に綺麗な桜と菜の花が見られる沈下橋で曲がってしまった橋も撮影。
使い捨ての沈下橋とは言いながら大雨が降る度に壊されてしまうのは管理が大変ですね。
写真は
に載せて居ます。


[PR]
by mitsuo_hamano | 2016-10-04 17:36 | | Comments(0)

灯台下暗しとは・・・

昨日の帰り道 自宅の近くで探して居た稲架掛けと彼岸花を見つけましたが、時間が遅かったので写すのを諦めたのですが、今日も同じ道を通ったので回り道をして写して来ました。
ワザワザ遠くまで探しに行って居たのにこんな足元にあったなんて・・・
先ずは足元からですね。
大した写真ではありませんが、
でお楽しみください。


[PR]
by mitsuo_hamano | 2016-10-03 19:28 | 風景 | Comments(0)

毎週のように通って居る平尾台の蕎麦屋さんを尋ねると登るほどに霧が濃ゆくなり雰囲気の良い景色になりました。
駐車場に車を停めて暫く時間を忘れて撮りまくってました。
数メートル先も見えない霧の中、登山をする人も多く少し待てば被写体に恵まれて撮りたかった写真が撮れました。
その後 諌山で彼岸花の名残と宮原でコスモスの状態を確認しましたが、諌山は時期が遅く宮原のコスモスはホンの一部だけに成って居ました。
それでももう少し経てば見頃になりそうでした。
今月一杯は楽しめそうでしたからお近くに行かれたら覗くのも良いかもしれません。
帰り道は遠回りをして川崎の棚田と大任の道の駅に回りましたが、川崎は完全に終わって居て茎だけに成って居ましたし、大任はまだまだ蕾だけでした。
写真は
でお楽しみください。

[PR]
by mitsuo_hamano | 2016-10-02 16:39 | 風景 | Comments(2)

写歴の浅いリタイヤ親父が気ままに撮り回った写真を載せています。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31