<   2017年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

空梅雨の6月

空梅雨で思うような写真が撮れない6月でしたが、一部だけ御披露します。
蓮の季節になって盛んに咲いて居るようですが、7月が本番ですから月が変わってから御披露することにします。


[PR]
by mitsuo_hamano | 2017-06-30 23:56 | 近況 | Comments(0)

夕暮れの風景

自宅近くの水田に囲まれたビニールハウスです。
夕暮れになるとビニールハウスを投下した赤い太陽が水田を照らしてとても幻想的な風景に変わります。
近いので時間を見計らって出掛けて見ました。
先日訪問した三光村の写真展で撮影者が話されていた「被写体に敬意を払い、感謝の念を持って撮影させていただく」と云う深い言葉が心に沁みています。
心なしか彼の写真には薄っぺらな私の写真とは違い何故か引き込まれるような魅力を感じ、写真表現の奥深さを感じた一日でした。
その事をプロとしても活躍されて居る写友に話したところ「写真の本当の評価はコンテストの入賞成績なんかではなく、どれだけ多くの人が自分の写真に共感してくれるかが大切だ」と教えられ今のスタイルで間違って居ないと自信を持つことが出来ました。
益々素直に自分の気持ちが伝わる撮影の勉強に精進するつもりです。



[PR]
by mitsuo_hamano | 2017-06-20 12:21 | 風景 | Comments(0)

不揃いな写真達

最近撮り回った写真を乱雑に載せて居ます。

[PR]
by mitsuo_hamano | 2017-06-15 11:57 | | Comments(0)

雨の日の撮影

先日訪問したばかりですが、雨の日の雰囲気が欲しくて梅雨入りしたばかりの宮地嶽神社を訪れました。
境内一杯に広げられた鉢植えの花菖蒲が参拝者の目を楽しませてくれます。
到着早々大降りの雨に迎えられたので軒下から雨粒を入れて撮影して居ましたが、周りを見ると同年輩のカメラマンが同じように雨宿りをしながら撮影をして居ました。
多分 何処かの写真クラブが撮影会に来ていたようです。
聞こえてくる会話を聞いて居ると、フィルム撮影の専門用語が飛び交って居てクラブのレベルをうかがわせるモノでした。
暫く撮影を続けて十分に楽しんだ後、裏の池に移動して菖蒲池の雰囲気を写しました。
花菖蒲の池には木道が作られて後ろには茅葺きの建物が数軒あり、優雅な雰囲気を漂わせています。
残念なことに維持費が大変らしく一番大きな建物は取り壊されてしまいましたが、まだまだ十分に雰囲気は楽しめます。
観光客に声を掛けるのが得意な写友と一緒だったので彼が声を掛けてポーズを作ったところを横から写させてもらい楽しい時間を過ごしました。
最後は嵐の撮影で有名になって仕舞った石畳と石段の参道です。
いつもは白く光ってしまう参道ですが、この日ばかりは落ち着いた色に変身です。
濡れた石畳に映る影も面白く写真を締まったものにしてくれます。
撮影を十分に楽しんだ後は波津の漁港に移動して漁港食堂の「空と海」でお昼です。
地魚とイカを堪能したので元気回復、帰りにもう一軒回ろうと鎮国寺へ 今回は楽をしてマクロレンズで接写に挑戦です。
色々試して遊びましたが、マクロはナカナカ難しいですね。
暫く休憩して紫陽花とホタルに再度挑戦してみるつもりです。


[PR]
by mitsuo_hamano | 2017-06-08 16:14 | | Comments(0)

忙しい毎日

ヤマアジサイの群生を撮りたくて鎮国寺をもう一度訪ねてみました。
期待した群生は見られませんでしたが、地蔵を飾る可憐なヤマアジサイはとても雰囲気が良く、堪能して帰りました。
その後 帰り道を利用してヒメ蛍の撮影に立ち寄ってみましたが、テレビで放映されていたそうで、暗くなる頃には大勢の人が押しかけて賑やか過ぎるのか肝心のヒメホタルの数は去年に比べて相当に少なかったようです。
今日も別の場所でホタル撮影を予定して居ますが、まだ早いのかもしれません。

写真は操作を間違えたらしく重複してしまいました。 見苦しいと思いますが、御辛抱願います。


[PR]
by mitsuo_hamano | 2017-06-04 14:25 | 風景 | Comments(0)

写歴の浅いリタイヤ親父が気ままに撮り回った写真を載せています。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30