今年最後のヒマワリ君

三光村を覗きましたが、彼岸花は疎らでコスモスは苗の状態でした。
写すものがなかっつたので仕方なく崎山に回ると一部だけ咲き始めていました。
手前まで植えてあるヒマワリはまだ開花していないので今撮影をしようと思えば畑に入って行くか望遠で遠くから撮るしかなさそうです。
畑に入るのは感心しませんから300mm程度の望遠があると良いですね。
来月の二週目くらいが満開なのではないでしょうか?
花まつりの時には摘んで帰れるかもしれませんね。




[PR]
by mitsuo_hamano | 2018-09-27 17:07 | | Comments(0)

彼岸花との別れ

写友さんの情報で宮若に行ってみました。
駐車場には無事に停まれましたが、振り返って彼岸花を見ると既にかなりの数が終わってました。
マダマダ蕾の花も控えていましたが、蕾の開花を待っても枯れた花が目立ってしまい絵にはなりそうにありません。
必死で枯れた花を避けながら写してみましたが、ナカナカ満足の行く写真は撮れないモノですね。
長い河川敷の端から端まで歩いたのでお腹がすいて良い運動になりました。
食堂を探しながら引き返しましたが、気の利いた店は見つからず結局田川まで戻って最近できたばかりのお好み焼き屋にお試しで覗くことに
期待せずに入ったのですが、なんとこの店○でした。
秘策があるらしく生地がフワフワで少し隠し味の甘みがありました。
そのうえ料金が安い! 「近いしまた来ようね」と女房も大満足の御店でした。
帰り道 撮影が物足りなかったので近くの諌山を覗いて帰ることにしましたが、丁度いい時期で綺麗に咲きそろってました。
既に畦の一部では稲刈りの準備で刈り取られた花もありましたが、何度も通っていますが、ナカナカこの時期に当たったことが無く感動しました。
彼岸花の撮影タイミングは本当に無難しいですからね。




[PR]
by mitsuo_hamano | 2018-09-26 17:08 | 風景 | Comments(0)

中秋の名月の日に

いつものように蕎麦を食べたらやることがなくなって平尾台を散策しました。
お彼岸とあって茶ケ床の駐車場は満杯 妻に車に残ってもらってカメラを片手に登ってきました。
去年 この時期にススキの根元に咲くナンバンキセルを見つけたからです。
少し登っただけで簡単に見つかったとの思いがあったのですが、いくら登っても見つかりません。
峠の手前まで来てやっと見つけることが出来ました。
一か所見つければ次から次と面白いように見つかり着けていたマクロで夢中で撮って遊びました。
今月に入ってからの僅かな時間ですが、毎日のように油圧のペダルを踏んでいたのが効果を発揮したのか結構急な坂なのに途中でヘバル事も無く登り切りました。
花を探しながらのノロノロ移動ですからハイカー達にはシッカリ追い越されましたが、楽しいウォーキングでした。
妻を待たせていなければマダマダ登っていたかったのですが、泣く泣く? 目的をは果たした後は下ってきました。
今夜は月を撮る人達で賑わいそうです。




[PR]
by mitsuo_hamano | 2018-09-23 16:07 | | Comments(0)

今日も彼岸花

もう少し飽きてたのですが、写友から正光寺と三重塔の情報が入り出掛けてみました。
昨日はバスが2台も来ていたそうですが、何とか駐車場に滑り込み少しだけ撮って帰りました。
いつも行っているのでチャンと協力金を入れ、長居をせずに遠方から来る方のために10分程度でさっさと撤収です。
近くの田んぼにもヤット彼岸花が咲き揃ったので何枚かカメラに収めて三重塔に移動しましたが、こちらは貸し切りの状態で誰も居ませんでした。
この辺りは「みやこ」や「御所」などと平安時代の繁栄を連想させる地名や由来が多く残っていて郷土史を調べてみたくなるような衝動を駆り立てられます。
そんな雰囲気が伝わってくれればうれしいのですが・・・




[PR]
by mitsuo_hamano | 2018-09-22 13:50 | | Comments(0)

雨の日の彼岸花

天気が悪かったのですが、こんな日も面白いと近場を回り彼岸花の様子を見て回りました。
気に成って何度も覗く諌山は奥の矢山地区では開花が進んでいましたが、なかなか待ち望む絵になってくれません。
仕方なく、春には千女房の咲く近くをウロツイテ竹とのコラボが撮れる場所を見つけ車の中から撮影してきました。
トンデモない無精撮りですが、雨が酷かったのと狭い道だったので仕方なく・・・
帰りには自宅を通り過ぎて今川沿いをさかのぼり、崎山地区のヒマワリの確認に行きましたが、まだまだ青い草の状態でした。
仕方なく近くに咲いていたコスモスを撮って帰りましたが、少しボリームがないですね。
途中で見掛けた沈下橋の残骸も撮りましたが、大雨の度に流されるので修復はしてませんでした。




[PR]
by mitsuo_hamano | 2018-09-21 14:18 | | Comments(0)

地元に咲く彼岸花

天気があがったので地元をウロツイテ彼岸花の撮影スポットを探してみました。
行橋はまだでしたが、南区に出ると満開を迎えた彼岸花が各所で迎えてくれました。
ちょうど稲刈りをしているところもあり、コラボで遊んできました。
ワザワザ遠くまで行かなくても結構いいところに住んでいるのだと再確認した一日でした。




[PR]
by mitsuo_hamano | 2018-09-18 19:58 | 風景 | Comments(2)

咲き始めた正光寺

何時もの蕎麦屋でお昼を済ませるとすることがなくなったので、しつこく正光寺を覗きに行きました。
連休の中日ですが、駐車場はガラガラなのでまだ咲いていないのだろうと思いながら覗いてみると先始めと云う感じでした。
今日は運良く、保存会の方がおられたので早目に咲いている場所へ入ることが出来ました。
おててらの計画通り、お彼岸には満開になって賑わう事でしょう。
その頃には周辺の田んぼにも真っ赤な彼岸花が咲き誇り皆さんを迎えてくれることでしょうから是非お出かけください。




[PR]
by mitsuo_hamano | 2018-09-16 16:10 | | Comments(0)

彼岸花を求めて

本格的な時期になるととても込み合う人気のスポットなので早目に覗いてみたのですが、ヤット蕾が付いた状態で花を見ることは出来ませんでした。
それでも場所によっては花を付けているところがあるので探し回ってヤットの思いで少しだけ撮ってきました。
途中まで引き返したときに折角来たのだからと思い出し、星野村へ足を伸ばしました。
ここでも花は少なく、ウロウロした挙句少しだけ撮って帰りました。
以前に稲架掛けで天日星をしているところがあったのですが、見つけることが出来ませんでした。
本当にいいタイミングで撮影するのは難しいでね。




[PR]
by mitsuo_hamano | 2018-09-15 00:15 | | Comments(0)

黄色の彼岸花

雨に濡れた彼岸花を撮ろうと出掛けました。
正光寺はまだ茎が出たばかりの状態で、花が見当たりません。
一か所だけ囲いの中に咲いている場所がありましたが、勝手に入るわけにもいかず、雨も降っていないので諦めました。
引き返そうと思ったのですが、折角出掛けて来たのだからと畑冷泉の先まで行ってみることに・・・
数年前には色とりどりの彼岸花が咲き誇り、目を楽しませてくれていたのですが、鹿にやられて以降花は全くなくなっていました。
そればかりか堤の水が干上がって底が見えていましたので、オシドリ達がやって来ても泳ぐ場所がなくなってました。
今年はトンで来ないかもしれませんね。
諦めた帰り道、僅かに咲いていた赤い彼岸花に見とれていたら逆の方向に黄色の花が幾つか見えました。
ボリュームが無いのでどうしようかと迷って居たら雨が降り出したので急いでマクロを付けて飛び出しました。
三脚を立ててジックリ撮ろうと用意をしていたのにそれどころではなく、ビッショリ濡れながら撮影をしていると防水がされていない帽子からスタスタと雨水が垂れ始めて慌てて撤収 笠でもさして落ち着いて撮れば良かったなぁーーーと、現像をしながら反省をする私です。




[PR]
by mitsuo_hamano | 2018-09-12 14:37 | | Comments(0)

等覚寺に秋を探して

写友の写真につられて等覚寺地区を訪ねてみました。
行橋と小倉南区に挟まれた苅田の外れに当たる地区ですが、山伏の由来が強く残る地区で今でも伝統的な行事が残っています。
等覚寺グループの看板を左折して幾重にも曲がる山道を平尾台の方向へ進むと棚田の風景が出てきますが、麓近くは耕作放棄が酷く、荒れ果てた状態になっています。
グニャグニャと曲がりながら頂上を目指すと整備された棚田の先に味噌販売の店があります。
更に進むと道が左右に分かれ、右に行くと平尾台の裏に行けるのですが、水害の為かバリケードで道が閉鎖されていました。
左に行くと小学校の跡地が原っぱになっていて駐車場として使われています。
更にクルマを進めると道を下った先の左手に等覚寺の入り口階段があります。
昔は神仏一体だったため石段の手前には鳥居があり、荘厳な空気が漂います。
道はまだ続いていましたが、最後は獣道になりそうだったので手前で引き返しましたが、今度暇なときに冒険してみようかな? と、思わせる道でした。
等覚寺の石段も登ってみたかったのですが、一人ではなかったので泣く泣く諦めました。
山伏と云えば権現づくりの社ですから嘸かし見るものが多かったろうと悔やまれてなりません。
次回の訪問が楽しみですね。




[PR]
by mitsuo_hamano | 2018-09-10 17:14 | 風景 | Comments(0)

写歴の浅いリタイヤ親父が気ままに撮り回った写真を載せています。